ピンク色の春の花


春のイメージカラーを聞かれたらピンクと答える人が多いと思います。やはり春の花の代表、桜をイメージするからではないでしょうか。桜のピンク色はとてもキレイですよね。満開の桜は春の風物詩です。でも春に咲くピンクの花は他にも沢山の種類があります。どのような種類があるのかご紹介します。

■梅
梅の花は桜よりも少し先に満開になりますね。ピンク色の梅は紅梅です。桜よりも
ゆっくり咲いてゆっくり散ると言われている梅の花は、運が良ければ早咲きしている桜と一緒に観ることができたりします。とても良い香りがするピンクの花です。

■オオムラサキツツジ
花が大きいのが特徴のツツジです。ピンク色以外の色もありますね。全部で300種類以上の品種があると言われています。ツツジは4月から5月に満開になりまず。道路の歩道脇に植えられている定番の花の1つですね。

■カーネーション
母の日でおなじみのカーネーション、可愛らしい花が特徴的です。ピンク以外の色もあり
母の日には数種類の色を花束にしてプレゼントしたりしますよね。

■金魚草
金魚のように見える花びらが特徴的な花です。ミツバチが密を良く吸う花の1つです。

■からすのえんどう
からすのえんどうはえんどうまめができます。花は小さくてピンク色をしています。春に若芽を収穫し食べることもできます。

■花梨
かりんはのど飴などにも配合されていますね。かりんポリフェノールというポリフェノールがのどの炎症を抑えてくれるのに役立つと言われています。はちみつやジャムでもかりんが使われます。とても良い香りがするのが特徴です。

紫色の春の花、春の雑草


春の花で紫色と言えばラベンダーが思い浮かびますね。ラベンダー畑は有名です。

他にも紫色の花が沢山ありますのでご紹介します。

■アネモネ
紫以外にも色がありますが、花びらが大きい特徴のある花です。

■ライラック
とても良い香りのする花で香水にも使われたりしています。別名をリラの花とも言います。

■ローズマリー
化粧品の中にも配合されることがあるアロマでも有名な香りの花です。ハーブとして料理に使われることもあります。

■紫露草
花びらがしっかりしているのが特徴的です。花は小さいものと大きいものがあります。
大きいものは大紫露草と呼ばれています。

■藤
藤だながある公園などは春に見物に行きたくなりますよね。沢山の花が咲くのが特徴です。
その美しさは昔の和歌や短歌でも詠まれていました。

■ラベンダー
ラベンダーの香りは香水や化粧品でもよく使われています。リラックスできる香りと言われています。安眠効果も期待できるみたいです。ラベンダーの色はとてもきれいな紫色です。ラベンダー畑では美しいラベンダーが目の前に広がりとても幻想的な空間を見せてくれます。

春の雑草と言えば、春の七草を思い浮かべますね。七草がゆで食べる七草、すべて言えますか?

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、スジシロ、ホトケノザ、ゴギョウですね。

七草がゆを食べると、万病を避けて元気に過ごせる1年になると言われています。今年は食べられなかった人も、来年は食べてくださいね。

春の花を折り紙で折りたい


折り紙で春の花を折りたいという人におすすめの春の花の折り方を紹介しているサイトを集めてみました。

■折り紙の花
こちらのサイトでは季節の花の折り方を紹介しています。

春の花は、3月から5月にかけての花を紹介しています。

カーネーションの折り方も紹介されているので、母の日のプレゼントに添えてみてはいかがでしょうか。

■クローバーとサクラの花びらが簡単に折れる
こちらのサイトではクローバーとサクラの花びらが簡単に折れる作り方を紹介しています。

小さな子どもさんでも簡単に折れる作り方です。

春の花、ぜひ折り紙で折ってお部屋に飾ってみてくださいね。春の気分を味わえますよ。